So-net無料ブログ作成
検索選択
真田幸村 ブログトップ

信州 上田電鉄 駅名表示に真田十勇士をデザイン  [真田幸村]

上田市を走る上田電鉄別所線の各駅のホームや
待合室の床に地元ゆかりの戦国武将・真田幸村と
伝説の家臣・真田十勇士を描いた駅名表示が
取り付けられました。
2015年善光寺御開帳による北向観音(別所温泉)との「両参り」や
2016年NHK大河ドラマ「真田丸」を見据えて
企画されたようです。

駅名表示は縦60cm 横1mで特殊なシールなっています。
幸村と真田十勇士が描かれたものや
幸村や十勇士それぞれ単体が描かれたものがあり
例えば 赤坂上駅は雲隠才蔵,大学駅前猿飛佐助など
駅ごとデザインが異なっているようです。

駅名表示を巡る旅も良いかもしれませんね。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

信州上田と戦国BASARAがコラボ! スタンプラリー開催 10月18日(土)~11月30(日) [真田幸村]

信州上田×戦国BASARAスタンプラリー
 ~第1次上田合戦 徳川軍撃退コース編~」
開催場所:長野県上田市
実施期間:2014年10月18日(土)~11月30日(日)まで
参加料 :無料

台紙を用いたスタンプラリーと
携帯端末を使用したQRラリーの2種類が同時開催されます。

参加方法:
①スタンプラリー台紙を手に入れる

★台紙の配布場所:
JR上田駅観光案内所、上田市観光会館、ゆきむら夢工房、
別所温泉駅、上田商工会議所、鹿教湯温泉観光協会、イオン上田店、アリオ上田

②地図に示されたポイントでスタンプをゲットする

地図に示されたポイントを探し、6個のスタンプを押し
すべてのスタンプを押して報告所に行くオリジナルポスターと
交換できます!

★報告場所: 上田市観光会館2階 上田市大手2-8-4 TEL0268-23-5408
★受付時間: 10:00 ~ 16:30

詳細はこちら
信州上田観光スタイル

お問い合わせ
上田市商工会議所
TEL 0268-22-4500

信州 第59回松代藩 真田十万石まつり 10月11日(土),12(日)  長野市 [真田幸村]

信州松代藩 真田家十代をたたえる秋祭り。
見どころは「松代藩真田十万石行列」
武士や姫など200名以上が参加する行列です。

開催日時
2014年10月11日(土) 9:25~18:00
        12日(日) 9:25~21:00

★松代藩真田十万石行列スケジュール★
12日(日)
出陣式       12:00~
出陣セレモニー 12:25~
行列出陣     13:00~

会場
長野市 松代城及び松代町内 一円
詳細はこちら
松代藩真田十万石まつり

問い合わせ先
松代観光推進機構 秋まつり実行委員会
TEL026-278-2534

大河ドラマ 『真田丸』効果  上田城跡公園周辺の駐車場増設へ [真田幸村]

読売オンライン

上田市は、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」の放送で
観光客の増加が見込まれることから、老朽化が進む市の建物を解体し、
上田城跡公園周辺に普通車換算で336台分の駐車場を整備する方針を決めた。

市は「駐車場と案内看板、トイレの整備を優先的に進める」としており、
今年度中に、同公園に近接する「やぐら下庁舎」を解体し、
同庁舎などに入っている市教育委員会を
「上田駅前ビル パレオ」に集約する。

来年度には、同公園内の市営プールや
勤労青少年ホームなどを解体し、いずれも駐車場に充てる。

 同公園周辺は、春の上田城千本桜まつりや
秋の紅葉まつりの時期を中心に駐車場が慢性的に不足。
今回の計画で、同公園周辺の駐車場は現在の179台分から515台分に増える

 真田丸は三谷幸喜氏の脚本で、市ゆかりの戦国武将真田幸村の生涯を描く。
市は今月末、県や観光関連団体などと
「大河ドラマ『真田丸』上田市推進協議会」を発足させ、
PRや商品開発などを進めていく。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

「真田丸」古地図で確かめて 夏だけど!「大坂冬の陣」展 上田市  [真田幸村]

信毎WEBより

上田市真田町本原の真田氏歴史館は、企画展「大坂冬の陣」を開いている。

戦国武将の真田幸村が豊臣方に付いて活躍した1614(慶長19)年の「大坂冬の陣」から、
今年で400年を迎えるのを記念して企画した。9月1日までの第1部は鉄砲4丁のほか、

冬の陣での武将の配置を記した貴重な地図13点を展示するなど、
史料で当時を想像できるよう工夫されている。

地図は全て、群馬県安中市の城郭研究家富原道晴さんが所蔵している。
「摂州大坂本丸」と書かれた大坂城本丸の平面図は縦27センチ、横38センチで、
国内に四つしか現存しないうちの一つという。
鉄砲は大阪市の古式銃研究家沢田平(たいら)さんから借りた。

冬の陣で使われたと伝わる品などが並ぶ。

幸村の生涯を描く2016年のNHK大河ドラマタイトル「真田丸」は、
冬の陣で幸村が大坂城の南側に築いた出城の名前にちなむ。地図にも描かれているが、
形は半円形だったり、角張っていたりしていて定まっていない。

真田氏歴史館の担当者小山寿広さん(42)は「『真田丸』と聞いても、
何か知らない人も多いはず。ぜひ地図を見て確かめてほしい」と話す。

企画展は9月6日に「第2部」となる。第1部の期間中は無休で午前9時~午後5時。

入館料は一般200円、高校生以下100円。

問い合わせ

上田市真田地域自治センター産業観光
電話0268・72・2204

真田幸村 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。